感動するフラワーデザイン

歌を聴いて、なぜか涙が出る。

そんな経験、誰でも一度はあると思うんです。

なぜ涙が出るのか。。。

心に響くから。

何か心に届くものがあるんですよね。

メッセージだったり、過去の記憶とリンクしたり。

でも、同じ歌を違う人が歌うと途端に涙は出ない、ってことも。ありますよね。
カバー曲とか、よく分かると思うんです。

理由が分からないのに涙が出るって、そうさせる側はプロ意識の高い人、そして自分だけの歌唱法だったり、声を持っていると思うんですよね。

いわゆる、オリジナル。

思考は止まっているのに、心だけが反応することは、日常でそうあることじゃないので。
非常に貴重な心理状態なんですよ。きっと。

心理については、アメブロで詳しく書くとして。。。

 

ここでは、歌手の側の話です。

受け取った人に、涙が止まらなくなるほど感動してもらうにはどうすればいいか。

 

フラワーデザインを見て、涙が出るのか。。。って話です。

数年前に、お悔やみの花ばかり作っている時期がありました。

そういう事が、なぜか続いていた。

 

その時に、「花も一緒に泣いてくれているようでした。」って言われた事があったんです。

その花は、知り合いの方のお葬式に届けたお花でした。

私が思うに「知り合い」だったからこそ、気持ちが入ったのかと。

でも同時に、知り合いじゃなくても、オーダーしてくださったお客様全てに気持ちを込める大切さを学ぶきっかけになった言葉でもありました。

 

「感動しました」

 

そう言っていただける事が、常に目標になっています。

受け取った人が感動する花って。。。?

 

自分が生み出すものって、必ず原点から逸れないように気をつけています。

原点はオリジナルであり、他にはないもの。

そこを忘れると、途端に「普通」に紛れる。

誰が作っても同じ花になる。

 

そうならないように。

私にしか出来ない事をする。

そこを支えてくれるのは、いつも「原点」です。

 

 

 

 

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
ブログ一覧に戻る