ロスフラワーへの取り組み

 

ずっとずっと気になっていた事。

コロナになったから発生したわけでは無く、以前から花農家さんで大切に育てたお花なのに

「規格外」として廃棄される花があることは知っていました。

 

お世話になっている仲卸さんでも、仕入れの数より売上が下回ったりすると、お花が余り、

「タダでもらって欲しい」と言われることも多々ありました。

 

シーズン品と言われるクリスマスやお正月、母の日などは大量に市場に並びますが、その後廃棄される花も大量に生まれるのです。

 

なぜか。

 

余ってしまうから

 

ただそれだけです。人間のエゴ以外の何物でもありません。

正確な予約数を把握していても、足りなくならないように「多めに」仕入れるのが普通だから。

長く持たない命ある植物だからこそ、もっと慎重に仕入数を考えるべきと思います。

足りなくなってもいーのでは?と思いますけどね。

 

廃棄することよりも、足りなくなることを良しとしないのは、間違ってる。

人工物の大量生産とは、訳が違うのだから。

 

あとは、年契約している農家さんは、コロナがあるからと、成長したお花をそのままには出来ません。

命あるもの、成長を勝手に止める事は出来ないのです。

でも、市場では「売れない」という理由だけで、「1円」でも買い取らない事実。

 

どうすれば、廃棄せずに済むか。

 

仕入れ側は、今一度、考え直すタイミングに来ているかな、と感じます。

 

今回、ご縁をいただいて、ロスフラワーを無くす取り組みに微力ながら協力させて頂く事になりました。

どこまで貢献できるか分かりませんが、花への恩返しが出来たら嬉しいです。

そして、この取り組みが上手くいけば、農家さんも、お花を安く購入したい人達も、間に入る我々も、全員が笑顔になれるはず。

 

ぜひ、ご協力ください。

 

そして、楽しみにしていて下さい^^

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
ブログ一覧に戻る