お花屋さんで買えない花

このタイトルは、私のマーケットそのもの。
ずっと目指してきたスタイルで、今も、これからも、ずっと私の指針。

 

でも、

 

「個性的過ぎるから、もっと一般受けするデザインや花を選んだ方がいい。売りたいなら。」

 

そんなことを言われることも、しばしば。

これって、アシスタント時代から実は言われていたんです。

珍しいデザインは人目を引くけど、必ずしも「売れる商品にはならない」
自分の作りたいものは「作品」、売るものは「商品」として、頭の中でTPO分けろ。

って。

両方出来て、初めてプロ。

って。

 

だから花屋修行時代は、心の中で「こんなもの買う人の気が知れない」と、反発の気持ちありありで作ってました。苦笑。。。

そうすると、全く売れなかった。

なぜか分かります?

花って、作り手の心の中を反映するんです。本当に。
私の場合、特にそれが顕著で、よく注意されていました。

今思えば恥ずかしい。。。

 

そのくらい、私にとって「普通の商品」ほど、退屈で難しいものは無かった。

 

そんな昔を超えて、今は自分が作りたいものを作って、商品に出来るフリーランスを選んだ。

理由は、

普通のお花はお花屋さんで買うから、変わったデザインや珍しいものを友人に贈りたい。

好みのデザインだったので、スクールに来ました。

 

とか、言ってくださるお客様がわずかでも存在しているから。

だから、このまま進んでいってもいいのだと思える。
そんなご縁があるうちは、頑張れる気がする。感謝しかない。

これから先も、お花屋さんでは買えないフラワーデザインにこだわり続け、感謝の気持ちを表現していけるデザイナーでありたい。

 

「譲れないもの」があるから、表現出来る。

そこを失くしたら、花の仕事をする意味はなくなってしまう。
私の場合。

 

売れ筋の商品であっても無くても「魅力ある商品」ならば、必ず売れる。

 

沢山の人に認めて貰えなくても、誰かの心に刺さる商品を生み出したい。

 

 

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
ブログ一覧に戻る