芍薬

5月は、新緑の季節!

何ですが、芍薬の季節でもあり。

悩んだ結果、葉っぱが器に見えるアレンジになりました。

 

見た目は複雑そうに見えますが、作り方はとっても簡単!

 

今回は、見た目がアートな仕上がりになったので、インスタにも載せています。
見てみてくださいね。

 

用意するもの

芍薬 3本 (色は何色でもOK)

ギボウシ 3枚

マグカップ(大きめ)

オアシス(1/3)

両面テープ

 

レッスン1

まずは、マグカップにオアシスをセットします。

 

 

カップから、このくらいオアシスが出ていること、上部の角は面取りしておくこと。

オアシスの1/3が入るくらいの大きさがベストですが、大きいのがない場合は、
なるべく背の高いカップにしてくださいね。

そして、隙間からカップの半分くらいお水を入れます。

 

レッスン2

ここで器に見せる葉っぱを挿していきます。
今回は、ギボウシ。

 

この時期にしか、お花屋さんに出回らないので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

先端をこのくらいの長さにカットします。

斜めに。

取っ手のこの部分に横から挿す。

アップで見るとこんな感じ。

葉っぱの先端を指でつまんで、おろしてきて。。。

 

 

両面テープをこの部分にペタッ。

ポイントは、葉脈に沿って縦に貼ってくださいね。

じゃないと、すぐに剥がれてしまうので。

そして、マグカップの斜め下に、ペタッ。

 

 

こんな感じ。これだけでもいいような。笑

次に2本目を、この位置に挿します。

 

こんな感じ。

だいぶ雰囲気が出てきましたねえ。

 

レッスン2

ここで芍薬が登場します。

茎を5センチくらいの長さにカットして、写真のように3本並べてオアシスに挿します。

 

違う角度から見ると、こんな感じ。

 

お花の角度は自由ですが、上から見て、オアシスが見えないこと。

そして、葉っぱの空間から大きくはみ出すことがないように、

キュッとくっつけて配置するのがポイントです。

 

そして、3本目のギボウシはここに挿します。

 

 

裏から見ると。。。この辺りにさしてくださいね。

 

 

前から見るとこうなるように。

そして更に、葉っぱの形を整えて。。。このように。

 

 

完成です!!

 

ポイントは、葉っぱの挿し位置が上から見ると、三角形になる事です
そうすると、全体のバランスが取れます。

 

この方法、他の大きめの葉っぱやお花なら、何でも応用が効きます。

ぜひ、やり方をマスターして、いろんな葉っぱと花でチャレンジして見てくださいね。

 

 

 

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
花月記一覧に戻る