Mac を数日手放したら、思い出したアナログの世界

想像以上に早くに修理を終えて帰ってきた!

よかった。。。

しかも、修理代ゼロ。

5年間保証つけておいて正解でした。

 

さて、Macがいない間、アナログな仕事をこなしておりました。

「これまでにないデザイン」

 

を生み出すために、今までやったことがない方法で地道な情報収集やら、

歴史を調べたり、配色のパターンを20通りくらい作ったり、

降りてきたイメージをデッサンしたり。

 

Macに頼っていたことは、デザインアイデアを形にする事であって

デザインを生むわけじゃない。

 

デザインを生むときは、いつだって紙とペン。

何十通りも、何百通りも書いていると、点と点が繋がって見える瞬間が来る。

 

その瞬間に、使いたい植物が決まり、配色が決まっていく。

イメージがハッキリと見えて来る。

 

Macが居なくなって、そんな時間を後回しにしていたことに気がつく。

 

初期の頃や、何年も前のデザイン写真を並べて見たら、自分が過去に作った作品の一部にヒントが隠れて居て、ハッとしたり。また新しいものが浮かんだりする。

 

デザインを決める時って、いくつも枝葉に分かれたアイディアがあって、その組み合わせと、その時の気分と、その時の自分がいい!って信じたものを選んでいく。

そしてクライアントが一番望むものであり、今までにないイメージを引き出す力があるかどうか。

四方八方からメスが入って、要らないものは削ぎ落とされ、最終的にはしっくり来る場所に落ち着く。

 

だから当然、手からこぼれたアイディアが、作品にはいくつも隠れて居て。
可能性がいくつも隠れているほど、「いい!」ってなる。

それは作り手にしか見えないもの。

 

Macを数日手放したら、とても貴重な時間と記憶を取り戻すことが出来た。

作り手には、アナログな時間と作業って必須だ。

 

これから生まれるデザイン、何だか楽しみ^^

 

 

 

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
ブログ一覧に戻る