父との別れ

 

来週、父の49日です。

 

ここ1、2ヶ月の記憶が、あまりありません。
色んなことがありすぎて、気持ちが追いつかない。そんな毎日でした。

 

親の葬儀なんて、想像もできませんでしたから。

私は幼少の頃、「お父さんとお母さんが死んだら、私はどーなるの?」と言って
泣いたことがあるそうです。
なんて現実的な子供だったんでしょうか。笑

多分、そのくらい怖いことだったんだと思います。親がいなくなってしまう現実が。

でも大人になっても、変わらないですよね。親の死が怖いと思う人は大勢いると思います。
だけど、誰にでも訪れる現実です。

 

親が目の前で逝ってしまったら、自分はどうなるんだろう。どんな気持ちになるんだろう。
余命を告げられた時点で、何度も何度も自分の頭の中でシュミレーションしました。
でも、何も浮かばなかった。

結果は、自分でも見たことのない、感じたことのない想像を超えた自分がそこにいました。

 

大切な人を失った喪失感は、消えることがないそうです。
息を引き取ったその光景がずっと頭に残ったまま、後悔とか感謝とか、処理しきれない感情と共存していかなくてはいけない。

 

父が亡くなった直後は受け止められず、父は今どこにいるのか、あの世というものがあるなら、私たち家族と今後はどう繋がって行くのか、どこの誰に向かって手を合わせたらいいのか、全てが理解できませんでした。

お骨の前で手を合わせても、一言も言葉が出てこない。
そんな日々がしばらく続きました。

 

日本の法要って、仏教って、本当に良くできているなと思いました。
初七日、27日、37日、47日、57日、67日、そして、49日(77日)と、お坊さんのお経を聞いているうちに、心が落ち着いて行くのを感じましたから。

時間だけが心を癒してくれるんでしょうね。

 

死」を目の当たりにした結果、「生」について、ものすごく考えるようになりました。

生きるってなんだろうって。
父の死は、いずれ自分もこうなるっていう現実でした。
そうすると、人間ってどうして生まれて来るんだろうとか、生きて行くことにフォーカスするようになる。

 

自分軸を持って生きる。

 

父からの最期の教育は、これだったと思っています。

 

それから、親の葬儀に関わって見て、初めてわかったことがあります。
それは、49日まではお骨の周りをたくさんのお花で飾ってあげるということ。
仏様になったら、「香りを食べる」そうで。
お線香や花の香りが、何よりも供養になるんです。

 

市場から大量に花を仕入れて、毎日、花を飾っていました。
深い悲しみの中にあっても、花に触れる事は、私にとって大きな癒しでした。

花仕事をしていて、本当によかったと心から思いました。。。
父にも最後の親孝行が出来た気分でした。

 

と同時に、お悔やみの花は、もっと豪華にして提供しようと心に決めた瞬間でもありました。

香りの強い花を入れることも、スタンダードにして行こうと。

 

4月から、花仕事を再開します。
止まったままのサイト記事も、順次UPしていきますね。

花の件でもいろいろとありましたので、また改めてブログ書きます。

 

 

 

 


LINE BLOG
LINE BLOG
HAND*WORKS
友だち追加
花輪 *karin*
友だち追加
ブログ一覧に戻る